時計のサイズ


腕時計のサイズにつきまして。


いきなりですが・・・腕時計用語でよくつかわれる「ケース」
実は、腕時計を封入する外箱のことではありません。

腕時計のケース


では腕時計のケースとはいったい??
答えはこれです↓↓

腕時計のケース1


矢印部分の文字盤が格納されているパーツ、これが腕時計のケースに当たるわけです。

ですので、腕時計は 大別して、文字盤と中に納まっている機械(ムーブメント)、ケースとベルトで構成されている事になります。
他にもリューズや裏蓋など細かなパーツがもちろん使われています。

よく腕時計販売サイトで
(H×W×D)という表記を見かけますが、特に指定のない場合、このケース径を指していると思ってください。

Hが高さ Wが横幅 Dが厚みとなります。

ケース径の横幅には、リューズを含む場合、含まない場合がありますが、これは計測者によって異なる場合がありますので、確認が必要でしょう。

例えば写真のモデルであれば、H42×W42×D12mm(リューズをのぞく)となります。

これに対し、
「文字盤のサイズ」、とあえて記載してある場合は以下の長さを測っていることになります。


腕時計の文字盤サイズ

ちなみに、文字盤の回りの数字が刻まれたパーツは「ベゼル」といいます。


これさえ分かれば、いまいちサイズがつかめない場合などは、お手元の時計を実際に測って比べてみましょう。

とはいえ、手元に時計がなかったり、どうしてもサイズ感がつかめないという方もいらっしゃるでしょう。

以下に実際の着用イメージを並べてみました。


            男性が着用した場合
              
↓  ↓  ↓

腕時計の着用例

腕時計の着用例

腕時計の着用例



            
女性が着用した場合

                  
↓  ↓  ↓

腕時計の着用例


腕時計の着用例





Copyrightc 2006 腕時計通販 時計屋ドットコム All rights reserved
http://www.tokeiyasan.com/